2008年 06月 12日
Fポン岡山での事
今回のレースで松田選手と本山選手が見せた行動(リタイア後の八つ当たり)について個人的に思う事を書かせて頂きます。

本山選手がレース中無線でスタッフに罵声を浴びせるのは良くある事です。それは本人が言っていました。

レースは遊びじゃない。そこは戦場。言葉は荒くなって当然。
その位の気持ちでやらないと使えないっと星野監督も仰ってました。

レースはその華やかさが有る反面、やってるスタッフやドライバーは真剣・命掛けなんですよ。
だからこそ勝利の喜びが有るし当然怒りもある。

今回の行動はピットクルーの頑張りに答えられなかったが故の悔しさだと思います。決してスタッフに向けた怒りでは無いと私は思います。

そんなドラマがあるからこそモータースポーツは面白いと思ってます。

今回の二人の行動を肯定しようとは思いません。夢を与えるべき人達ですから・・・。
でもファンサービスを積極的に行うこの二人を責めようと思いません。

この切替が出来るのが本当のプロなんだと私は思います。
c0086921_21201332.jpg

[PR]

by sky3400 | 2008-06-12 21:20 | モータースポーツ | Comments(0)


<< 流し撮り      Fポン岡山 ピットラウンジパス >>